釣り始めるならまずはこの結び方を覚えるべき。糸の結び方

こんにちは。
今年こそはブログの方も頑張ろうと思っているタケちゃんです。
しかしなかなか…いや…頑張ります!

さて、今回は釣り初心者の方へ向けた内容。

釣り初心者が最初に覚えてほしいノット

です。

それはまさしく電車結び!
は…?電車結び?そんなの弱いでしょ?こぶがでかくなって飛距離もダウンするでしょ?

と聞かれたりもしますがそんなことありません。

強度は十分にあります。釣りをする魚種にもよりますが、ライトゲーム系ならまず心配はありません。ノットが抜けるよりラインが先に切れるでしょう。
PEとフロロ、ナイロンとフロロ、エステルと…などなどどのラインにも対応。たしかにPEとではなくナイロンとフロロだと少しコブがおおきくはなります。
しかしどうでしょう?
リーダーの長さにもよりますが、飛距離うんぬんで言えば、どんなノットでも結びコブをガイド内には入れないようにするのが飛距離が出せます。
現に僕もそうです。
キャストの際、意外とたらしを短くしてる方が多く見受けられますが、たらしは長いほうが飛びます。
長すぎてももちろんだめですが、ロッドのバットガイド付近まで垂らすとだいたいは結びめも入ってないんではないでしょうか?
ぼくは大体そんな感じです。

てなると結び目の大きさ問題はOKです。

で、結び方なんですが、今回これは生地よりも動画の方が圧倒的に見やすいはずなので是非動画をご覧いただければと思います。

 

おすすめ動画

 

また、動画内ではライン種類にあった結び方もお伝えしております。

しかもこの結び方は生活していく中でも約立つこともありますので是非覚えてみましょう。

 

今回は簡単な内容ですが、この辺で失礼します。

 

またお会いしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です