ロックフィッシュゲームに最強リグ登場!?根掛かり激減!ロストしにくく、尚且つ釣れるワームとジグヘッド

こんにちは!Realizeのタケちゃんです。

今回は僕が所属していますRUDIE’Sの製品
ハタ喰い魚子、根魚狩りJH、根魚狩りフックのお話です。
ロックフィッシュゲームに新風を巻き起こす?かなり好評もいただいており、もちろん僕も自信をもってオススメいたします。

キジハタ(アコウ)、オオモンハタ、アカハタなど根魚はもちろんですが、マゴチやヒラメ、太刀魚にだって使用できます。
現に、マゴチ、太刀魚は釣れてますよ^^

簡単に言うと、かなりのアピール力があり、何よりも根掛かりが激減すること。
尚且つ釣果も出る。もうね、僕からしても、皆さんも最高じゃないですか!根掛かりが減るんですよ?
実際かなり根掛かり率下がってるおかげで助かってます。

では、どういった形なのかまずは見ていきましょう。
こちらはハタ喰い魚子

写真にあり全6カラー
イワシ、ピンクイワシ、赤金、チャート、パールグロー、クリアアカホロ

 

写真では地面の色があるため、イワシが黒く映ってますが、本当は非常にきれいな色をしてます。
そちらは後で動画を張りますのでそちらでご覧ください。

軽く仕様を説明しますと
やはり最大の特徴はラトルホール
付属されたラトルスティックをセットすることでカチカチ音が広範囲のターゲットにまで無差別アピール。
更に、ラトルスティックではなく、こちらにケミホタルを入れることで視覚的にアピールすることも可能。
これは本当に便利。
僕はハタにはラトル、太刀魚にはケミホタルを使用します。

次の特徴は
プリプリと動くスイミングすりっど搭載でテールが波動を生み出してくれます。
これがまた非常に動くんですよ。これも後で水中動画を貼り付けますのでご覧ください。

更にバックスリットを搭載!

何それ?と思いますよね?

ワームを待っすぎにさしやすく、フックポイントを隠せる溝を作ってるんです。
これは非常に初心者の方にも優しい。針をまっすぐさせない方もさしやすくなります。
また、根魚狩りJHと一緒に使うことで針のさし方が非常にわかりやすい。もはやわからないはずがない!と言えるレベル。
こちらも動画で紹介してますので後でリンクからご覧ください。

本当は根魚狩りJHを紹介してからにしようと思いましたが…
もう、我慢できません。先にリンクを張りましょう。

まずは魚子、根魚狩りJHの紹介動画
こちらは非常に好評いただいた動画です

これを見ればワームの特徴から、JHの特徴、付け方等が丸わかり。

更に、こちらをご覧ください。
水中映像です。これで本当に根掛かりしにくい理由、ワームのアピール力がはっきりわかると思います。

いかがでしたでしょうか?これは欲しくなるに1票w

しかし、おかげさまで好評いただきまして売り切れ続出です。現在急ピッチで製造はされてますので店頭を要チェックです。

もう動画をご覧いただいた方はご理解いただけたでしょう。
このジグヘッド

動画でご覧いただいたのと何か違いますよね?
これはカスタムしてまして、追加でトレブルフックを取り付けてます。
僕はこうやってマゴチを狙います。
ちなみに金丸竜児さんはスジアラを狙うときにこの仕様にされています。

これでご理解いただけたと思いますが。このJH
お尻のアイにブレードを付けたりフックを追加したりしてカスタムも簡単にできるのです。
僕は太刀魚の場合は5連サルカンなんかを付けてトレブルフックを取り付けたりもします。

まあ、もう動画を見ていただいたということで、JHの詳しいお話は省きます。

最後に根魚狩りフック
こちらはJHの鉛をなしにしたもの。
しかし、非常にワームがつけやすく、ずれにくい。更に強度もばっちりです。
そちらも動画で説明しております。

本当に魚子、JH、フック共におすすめなので是非今年のロックフィッシュシーズンにはこちらをお試しいただけると幸いです。
また、使用された方の感想等お待ちしております。
それでは、また次回お会いしましょう。

よろしければホームページのトップページ等もご覧いただき、興味がある記事や、カスタムロッドなどなどご覧いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です